左パネル




こんばんは。

いつも当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。



今日は、オシャレはインナーウェアから!
と紹介しようとしましたが、
正直、インナーを見た目で選ぶ方は少ないと思います。

一番肌に触れるものだから、着心地を重視される方がほとんどのはず・・・



なので、今回は実際私が着用して、
着心地がとても良かった2つのブランドのインナーウェアを紹介していきます。





veil / CREW NECK-T







white / graybeige / gray



コットン100%の素材に、
シルケット加工(絹のような光沢感)と樹脂加工(防皺・防縮)が施してあり、
光沢感のある仕上がりになっております。

さらっとした着心地で、沢山着込んでもしわ感が気になりません。
程よくフィット感があります。
なので重ね着で中に着る際にも、首元がよれず綺麗な見え方に。






TOUJOURS / Tank-top






 
white / navy



柔らかく、タフ。
こちらはリピーター様も多い定番タンクトップです。
細かなリブがみっちり入った伸縮性抜群の生地は、フィット感が他とは違います。
嬉しい事に少し丈が長くなっており、腰回り~ヒップまで隠れる丈です。






TOUJOURS / Back Cross Tank-top








white / gray / navy




こちらは上のタンクトップと同素材で、
背中がクロスになる仕様です。
オフショルダーや、背中が開いたお洋服を着る際には是非こちらを。
バックスタイルで差がつきます。






最近、高保湿の(ちょっと高い)優しいティッシュに変えました。

鼻の下が真っ赤になってからでは遅いのですが・・・。



これを機に、インナーを優しいものにしようかなぁと思います。



紹介しておいてなのですが、文面では一番伝えにくい所です。
是非店頭でも、生地の心地良さをお試しいただければと思います。








TOUJOURSの商品はショッピングカートに対応しておりません。
商品に関するお問い合わせは、問い合わせフォームより商品情報を添えてお問合せください。




                  











Go To Pagetop

BY tsukasa kanamaru | 2018-01-24 20:00:00 | Import Brand [インポート], Outer [アウター]






仙台は最高気温がマイナスです。



もはや北海道並み。












本日紹介するロンドントラディション のダッフルコート。



このダッフルコートが生まれたロンドンの経度は北海道と同じくらい。



気候もほぼ日本と同じなんです。



そもそもは漁師や海軍に愛されたダッフルコート。



それがイギリスの若者にファッションとして広まったわけですが、

ガッチリ圧縮されたメルトンは風を通さず、
手袋をしたまま開閉できるトグルボタン、
冷たい雨や雪から頭を守る一体化したフードなど、

イギリスの気候には最適なコートなのです。


=日本の(特に寒い地域の)気候にもピッタリなわけですね。




劣化することのない伝統的なコート。

実は、1月25日から開催されるセール期間中は更にお買い得になります。


是非この機会をお見逃しなく、、、。




















                  










Go To Pagetop






なんだか寒いな~と思いましたが、寒波以前に寒いんでした、冬って。


特に東北地方なんかは2月くらいも余裕で寒いんでした、冬って。


この秋冬はアウターを買いそびれてしまいましたが、今になって買っておけば良かった。


なんてったって寒いんですよ、冬。

















中綿入りのリバーシブルコート。

ライナースタイルですが、これ一着でもしっかり”アウター”してます。

金丸イチオシです。(メンズがあったら欲しい。)








可愛らしい雰囲気のグラニーコート。

何年も大事に着ていたような雰囲気。

アルパカやモヘアなども入る、見た目も着心地も暖かいコートです。









クラシックなダッフルコート。

英国を代表するコートデザイン。

王道か着崩すか。









17AWシーズンは喫茶店を営む夫婦が主人公がテーマのASEEDONCLOUD。

素材感の素朴さが可愛らしく、

アシードンらしいポケットやフラップのディテールが面白い一着です。















着回しの幅が広がるキルティングコート。

裏地がフリースで着丈も長く、とても軽くて暖かい。

一着あると重宝するアウターです。














同じくアーメンのジャケットタイプ。

ブルゾンの立ち位置で、より気を使わずにラフに着られるアウターとしてもお勧めです。









ジャケットとカーディガンの間くらいの羽織物。

驚くほど軽くて暖かい最高の着心地です。

コートの中にでも、この中にライナーを着たりするのも良いですね。





一部の商品はセール対象商品です。

詳細はWEB SHOPをご覧くださいませ。










ARTS & SCIENCE の商品はオンラインサイトには掲載されていません。

お問い合わせはこちら

※お問い合わせの際は品番、商品名、色、サイズ情報をご明記くださいませ。









                  







Go To Pagetop

BY tsukasa kanamaru | 2017-11-11 19:29:30 | Import Brand [インポート], Outer [アウター]





11月11日。

初雪を観測した仙台。

、、、寒い。

電車も遅延するほどの強風で、更に寒い。




キャトルズのお客様の冬の装いは、コートを着ている方がとても多いです。

そんなお客様も、”コートを着て行くシーンではない時のアウター選びに困る”との声も多く。

例えば芋煮会とか、鍋祭りとか、焼き芋大会とか。

まぁそればかりではないですが、アクティブな冬のアウターも持っていたいものです。







ARMEN(アーメン)はワークウェアが原点の、フランス生まれのブランド。

ワークウェアブランドって、耐久性や機能性が重要でもあるわけですよね。

性能だけに偏るのではなく、ファッションデザインにもしっかり着目していたのはヨーロッパワークブランドならではでもあります。

日本におけるARMENと言えば、フランス製のポリエステルとフリースを圧着したキルティングがポピュラーです。

縫製せず熱で圧着しているので解れる心配がありません。

長く着ていくうちに縫い目が解れて、中綿が寄っちゃうことを気にしないで済むわけです。

そんなARMENのキルティングのコートとジャケットが、揃いました。

兎に角軽く、兎に角暖かく、兎に角着易いキルティングアウターです。









まずはこちらのノーカラ―キルティングコート。






ブラックとグレーはフリースがブラックです。







カーキとダークパープルはフリースがマスタード。







縁はコーデュロイパイピング。








スッキリしたクルーネック。

タートルネックやパーカー、ストール使いなどがより楽しくなります。







スッキリしたシルエットなので、ダウンジャケットのようなボリュームが苦手な方は特に嬉しいですね。







もはや見ただけで暖かい裏地。軽くて気軽なフリースはデイリーユースには最適です。






































身頃を継ぐ縫い目がありません。

ベタっと潰れたシルエットにならず、スタイリッシュですね。







156cm Size1












こちらはVネックのキルティングジャケット。













ヘリンボーンツイードです。クラシックですね。








こちらもコーデュロイパイピング。また雰囲気が落ち着きます。








コートに比べると、ガバッと着る感じで。

ラグランスリーブなので肩周りがフリー。袖は長めの設定なので捲って着る方が多いですね。
















































165cm Size2















160cm Size2


スカートやワンピースなどで女性らしいカジュアルな装い。

ツイードの雰囲気がより落ち着いた印象です。

ジーパン+パーカーとコレ。くらいでも良さそうです。

そんな着回しも近々更新してみたいですね。







ARMENのキルティングアウターは こちらから 






Go To Pagetop

BY tsukasa kanamaru | 2017-10-14 15:50:26 | Import Brand [インポート], One Piece [ワンピース]







メゾンドソイルのラップドレス。

たっぷりとした広がりは、トップとボトムのタックの切り替えにより絶妙なバランスに。

深めのVネックが、より女性らしい美しさを演出してくれます。













ウエストベルトが付いているので、お好みのボリュームに変化させることも。








165cmの相内がサイズⅡ(L程度)を着用しています。













ボタンを全開にしてロングガウンのように着ることも。





















ボタンを開けたままベルトを結ぶ着こなしも雰囲気が変わります。








156cmの西野がサイズⅡ(L程度)を着用しています。





二色の糸で織られたウール生地で、無地物との組み合わせにも一役買ってくれそうです。

柔らかなウール生地は、重さを感じず軽やかな着心地。

秋冬素材ですが、活躍してくれる期間は長いのではないでしょうか。











Go To Pagetop

Recommend Item オススメ商品

ポストカード“HOW ARE YOU?”

SUB LETTERPRESS

COLOR:Free

270円

税込 送料別

ポストカード“TI IS GLAD”

SUB LETTERPRESS

COLOR:Free

270円

税込 送料別

boiled wool one piece

THE FACTORY

COLOR:キャメル

32,400円

税込 送料別

lam melton skirt

THE FACTORY

COLOR:ブラウン

34,560円

税込 送料別

ABSCL LAMBS WOOL SCARF 25×180cm

JOHN SCOTT

COLOR:ネイビー

5,400円

税込 送料別

ABSCL LAMBS WOOL SCARF 25×180cm

JOHN SCOTT

COLOR:グリーン

5,400円

税込 送料別

Go To Pagetop

ようこそGUESTさん

<< 2018年12月 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< LAST   NEXT >>
LATEST[最近の記事5件]
2018-08-12 18:04:56
petite robe noire 2018 AW ~ 
2018-08-03 16:53:29
ARTS&SCIENCE 2018AW 
2018-08-01 19:57:37
ARTS&SCIENCE 2018AW COLLECTION 
2018-07-10 11:53:24
7.10 
2018-07-06 15:02:07
年中シャツ中毒 
更新通知
RSS2.0

Copyright i.d.&company All Right Reserved.